なぜ肩こりには肩甲骨が大事なのか?5分で分かる解説動画

肩甲骨と、肋骨の関係

肩甲骨は、肋骨の上にぶら下がっています。

腕とは関節で繋がっているのですが、

肋骨とは関節では繋がっていません。

肩甲骨を自由に動かせるようになることは、

肩こりの原因を取り除くことになります。

 

肋骨にヘばりついた肩甲骨では、

肩こりの改善はお先真っ暗です。

 

この動画の先生の肩甲骨は、

とてもよく動くようになっています。

 

これくらい動かせるようになると、

まったく肩こりにならないそうです。

 

肩こりと無縁の肩甲骨を作るためには

肋骨を動かすことが重要ですが、

肋骨と肋骨のあいだにある、

肋間筋という筋肉があります。

その肋間筋をストレッチすることが重要なのです。

 

肋間筋は、ひとによってさまざまなところが

固まっていることが普通なようで、

人体模型の肋骨のように対象ではないのが普通なのだそうです。

そこで、この肋間筋をストレッチして矯正する必要があります。

 

先生のオススメは、胸式呼吸だそうです。

腹式呼吸を勧められることはありますが

胸式呼吸にもこんな利点があるのですね。

胸式呼吸をすることで、

肋骨が広がり、肋間筋が広がってストレッチされるのだそうです。

肋間筋をよく伸ばすにはコツが要ります。

肩甲骨を意識しながら息を吸い、吐くことが重要なようです。

しかしやってみると少し難しいと感じました。

胸式呼吸では、胸を膨らまして呼吸しますが、

この時に肩甲骨を意識して、肩甲骨が開くようにするのだそうです。

これはちょっと練習が必要でした。

あまり、開いているという実感がもてません。

私の肩甲骨は固まっているのかもしれませんね。

しかし、普通に胸式呼吸をするだけでも肩甲骨は開きます。

肩こりに直接効く訳ではありませんが、

肩甲骨を自由に動かせるようになることは

肩こり解消に効果的ですから、

肩甲骨を自由にしてあげるために

是非やってみて下さい。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

5分でできる!! 肩甲骨のストレッチまとめ

NO IMAGE

寝る前にやろう!一回30秒のトレーニングで肩甲骨を柔らかく

NO IMAGE

肩甲骨周辺の痛みに効く!意外なヨガ。コブラのポーズ!

NO IMAGE

必見!! 肩甲骨の可動域を広げるトレーニングと、肩甲骨を柔らかくするトレーニング

NO IMAGE

五十肩に効くストレッチ!再生回数20000回以上の五十肩体操

NO IMAGE

治らない肩こりはこれが原因だった!ミルフィーユこり。