ツラい背中のストレッチ!! 肩甲骨が楽になる3つの体操

 

背中のストレッチ 3種 ※全て同じ動画のなかにあります

背中のストレッチです。

腕伸ばしストレッチで背中の肩甲骨を動かし、血行を良くしてから行なうのでとても気持ちがいいです。

特に、腕伸ばしストレッチは、肩甲骨を閉めて開く、という動作なので、効くのが分かりやすかったです。

最後のストレッチだけ、倚子に座って行ないます。

オフィスでもやりやすいですね。

パソコン仕事で疲れたら、是非やってみて下さい。

 

腕伸ばしストレッチ×10

胸の前で手を合わせる。

その手を、頭の上にもってくる。

頭の上で、手を放し、真横にもってくる。

この時、肩が前にこないように、前屈みにならないよう、注意して下さい。

肩甲骨を寄せることを意識して下さい。

これを10回行います。

 

 

背中伸ばしストレッチ15秒×3セット

 

これは、五十肩の人にはツラいかもしれません。

痛みすぎる人は、無理をしないでやって下さい。

そうでない人は、背中がスッキリして楽になるので是非やってみて下さい。

 

両手を、壁、または倚子の背もたれにつく

足を壁、または椅子から離して体を斜めにする。

そこで、背中を反らすようにして腰を曲げていく。

腰に負担がかからないところで、とめる。

15秒キープを3セット

 

少し痛い人は、膝を曲げてもかまいません。

そうではない場合は、きちんと膝を伸ばしましょう。

 

上体ひねりストレッチ15秒×3

倚子を用意します。

座って、膝を軽く開いて下さい。

体をひねって両腕で、倚子の座面を掴みます。

これを15秒、左右やります

左右1回ずつで1セット、これを3回行います。

 

腰に負担のかからない程度でやって下さい。

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

寝る前にやろう!一回30秒のトレーニングで肩甲骨を柔らかく

5分でできる!! 肩甲骨のストレッチまとめ

NO IMAGE

治らない肩こりはこれが原因だった!ミルフィーユこり。

NO IMAGE

なぜ肩こりには肩甲骨が大事なのか?5分で分かる解説動画

NO IMAGE

必見!! 肩甲骨の可動域を広げるトレーニングと、肩甲骨を柔らかくするトレーニング

NO IMAGE

肩甲骨周辺の痛みに効く!意外なヨガ。コブラのポーズ!