首が痛いのはストレートネック?隠れ猫背とは

肩が凝る肩が凝るというけれど、それよりも首の痛みの方がひどいんだけど。という方も多いと思います。そんなあなたはストレートネックなのかもしれません。

上を向いてみて下さい

上を向く時に、なんだか首をあげ難い、と思った方はストレートネックの可能性があります。

ストレートネック?首ってまっすぐでいいんじゃないの?と言いたくなる気持ちは良くわかります。いったいなんの問題が?と思える首がまっすぐという状態のストレートネック。(因に病気ではありません。)

 

実は、首の骨は、後ろがカーブしているのが普通の状態です。

生理的湾曲度、というのが30°〜40°あるのが正常な状態。

 

 

しかし、スマホをいじったり、うつむいた姿勢になることが多いと、後ろ向きのカーブが伸びてまっすぐになってしまいます。

 

こうなると、肩こりに悩まされたり、頭痛、首の痛み、めまい、手の痺れ、などの不快な症状が現れてくる場合があります。

 

なぜ起こるのか?

スマホや、長時間のパソコン操作でうつむいた状態になっていることが多いとなりやすいということもあり得ます。

 

しかし、以外なのが、ダンスやバレエなどで姿勢がよす過ぎるひとがストレートネックになってしまう場合があることです。姿勢を良くするためにいつも顎を引いた状態になっているので、自然なカーブが失われ、それどころがカーブが逆向きになってしまうのです。

一見姿勢がよくても、これは猫背のひとと同じ首の状態になっています。つまり隠れ猫背ともいえるのです。

 

猫背もストレートネックの原因になります。背中を丸めて首を突き出しているので、首がまっすぐになってしまいます。

ストレートネックの多くの原因が猫背であるともいわれます。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

肩こりに効く?○○○の選び方