肩こりといえば!四十肩、五十肩。不眠症になることも。

正確には肩関節周囲炎

四十肩、五十肩というのは病名ではなくて、

俗称で病名は肩関節周囲炎です。

50代を中心に

40代から60代あたりの年代に多発します。

(ここでも肩こりが

働き盛りの病気だということが分かりますな)

 

肩を動かせる範囲が狭くなるのが特徴で、

ものを持ち上げようとした瞬間、

ゴルフのスイングをした瞬間などに

突然激痛におそわれます。

 

それ以降、

肩を動かすたびにひどい痛みに襲われるようになります。

 

行ったん症状が出ると、

腕を持ち上げたり

後方にまわす動作が

制限されるようになってしまいます。

具体的には

  • つり革に手が届かない
  • 背中のファスナーを閉められない
  • ネクタイを結べない
  • 頭皮を櫛でとかせない
  • シャンプーができない

といった症状が出るので日常生活に支障が出ます。

 

見分けけるコツとしては

  • 頭の後ろで手が組めない
  • 片方の手をもう片方の方にのせる
  • 腰に手を当てる

といったポーズがとれないようなら

四十肩、五十肩(肩関節周囲炎)

といって差し支えないと思われます。

 

ひどくなると夜寝ている時にも

ひどく痛むようになり、不眠症の原因にもなります

よく眠れないし痛むので、

肩の筋肉がこわばって痛みが激しくなることも

ありますがどんなに酷くても半年から1年で回復します。

 

肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)の原因

肩関節周囲炎の原因は老化と深い関係があります。

病名がめすとおり、

肩関節周囲炎は、

肩の関節の周りの組織が

炎症を起こしている状態を指します。

 

メカニズムは肩こりと似ています。

まず関節周辺の組織が老化してしまうことで、

筋肉疲労が回復されずにえっ項が悪くなり、

栄養と酸素がいき渡らなくなります。

そうすると栄養失調に陥った組織は

ちょっとした動きを切っ掛けにして

激痛を走らせることになるのです。

肩の関節

出典:『くび・肩・腕の痛み』法研

 

肩の関節はいくつかの関節が組合わさってできていますが、

五十肩の原因になりやすいのは肩甲上腕関節肩甲峰下関節です。

肩甲上腕関節は肩や腕の動きの要となる関節で、

腕の骨と肩甲骨が組合わさっているところです。

骨の組み合わせが浅いので、9つの筋肉に囲まれています。

このうちでいちばん五十肩の原因になりやすいのは、

骨を包むように位置する4つの筋肉で、

カフ節といわれる部分になります。

 

カフ節には大きな動きに伴う負担が

繰り返しかかりますが、

関節炎の老化が進むとカフ節は硬くなります。

 

特に、筋肉と骨の接合部分であるの部分に

老化が集中します。

 

腱の組織が老化してもろくなり、

ちょっとした動きを切っ掛けにして

五十肩、四十肩になるのです。

 

 解消の方法は?

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)の治療は、

激しい痛みが現れたばかりの急性期と

慢性期、回復期に分けられます。

 

急性期は、痛み出してから5~6日で、

患部が熱を持ったり赤く腫れたりします。

この間は肩や腕を動かさずに、

安静にして冷やすことが重要です。

 

慢性期にはいると、

患部を治そうと働き始めますが

この時に患部を動かさないでいると癒着してしまい、

関節の動きが悪くなります。

 

そのため、痛みが治まってからは

無理のない範囲で関節を動かすことが大切です。

また慢性期にはいったら患部を温めたり、

マッサージすることも重要です。

 

回復期には、ほぼ腕が動くようになっていますが

油断は禁物で、引き続き温めたり

マッサージをする必要があります。

 

五十肩は、慢性期の処置を間違えなければ

組織が癒着することもなく、

もとの関節の動きに戻りますが、

痛むのを嫌がってしまうと

肩が動かなくなってしまうこともあります。

 

しかし、五十肩の痛みににおそわれたら

出来るだけはやく整形外科に行き、

医師の診断に従うのがいいということは

忘れずに居て下さい。

 


中川式【首痛・肩こり】治療法

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。