肩こり解消の5か条!

肩こりを予防して、快適な毎日を過ごそう!

肩こり予防の5か条を紹介します。

 

つらい肩こりはだれでも避けて通りたいもの。日常の習慣で解消することができるならそれに超したことはありません。このページでは、肩こりを解消するためにひつような5か条を紹介します。

 

 

肩こり解消其の一 姿勢を正す

姿勢が悪いと、首が前に出てしまい、肩の筋肉に余計な重みがかかってしまいます。頭の重さは4〜5kg、体重の10%ほどともいわれます。そんな重さを支えている首の筋肉、肩の筋肉ですから、できるだけ負担がかからないよう、姿勢を正して、重みがまっすぐかかるように、してあげましょう。

 

欧米の人に肩こりの人が少ないのは、骨格や筋力だけの問題ではなく、姿勢のよさが肩こりを激減させているともいわれます。欧米では、学校、家庭で姿勢を正すようにしっかりとしつけられるのだそうです。

 

肩こり解消其の弐 バランスよく荷物を持つ

いつも片方の手でばかり荷物を持っていると、片側の肩ばかり緊張を強いられます。このバランスの悪さが、肩こりを招くこともあるのです。

特に、ショルダーバックを使っている人は、いつもどちらか一方の肩にばかり掛けていませんか?いつも重みがかかっている肩は、緊張して血行が悪くなってしまいます。肩が痛くなると、それをかばって姿勢も悪くなりがちです。

ショルダーバックを使っている人は、両方の肩にバランスよく掛けるようにしましょう。

 

また、可能ならできるだけ荷物を減らし、軽い鞄を持ちましょう。また、リュックサックにするのも手です。丁度今期はやっていますしね。

 

肩こり解消 其の参 体を冷やさないようにする

これも、血行という観点から大切なことです。血行が悪くなることが肩こりの一因であることは皆さんお分かりだと思います。肩の筋肉が緊張し、血行が悪くなることで老廃物は流れず、栄養は届かず、肩こりになってしまうのです。ですから、できるだけ体を冷やさないようにすることは、血行が悪くなるリスクを減らすことに繋がります。

 

ちょっと無理をして、肩こりになってしまっても、ふだんから血行のいい人ならば、直ぐに治すことができるでしょう。

毎日湯船に浸かり、しっかりと体を温めることが重要ですし、可能ならストレッチやヨガなどの運動も行ないましょう。

 

肩こり解消 其の四 ストレスを溜めない

肩こりの原因がストレスであることもままあります。自律神経失調症などになった場合に肩こりが引き起こされることもあるのです。適度に発散し、緊張をほぐすことを忘れずに居ましょう。

 

 

肩こり解消 其の五 運動をする

運動をすると、色々なめんで良いことがある、というのは周知の事実です。

適度な運動は血行を良くし、代謝をあげ、毛細血管を育てます。また、インナーマッスルを鍛える運動をすることは、ミルフィーユこりのような深部のこりの解消にも繋がるので、コツコツ続けることをお勧めします。

 

私の御すすめはヨガです。気の流れが良くなリますし、続けるうちにインナーマッスルも鍛えられるので、肩こりだけでなくさまざまな良い効果が期待できます。姿勢も良くなるでしょう。また、体が柔らかくなるので血行もよくなります。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?以上、肩こり解消の五か条でした。


 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

肩こりと入浴。お風呂で肩をほぐすことの重要性

NO IMAGE

歯が痛い!肩こりもつらい!えっ?関係があるの?

肩こりは日本人特有の悩み? 一体原因は?

NO IMAGE

肩こりを引き起こす意外な奴。それは、眼精疲労。

NO IMAGE

肩こりに効く?○○○の選び方

NO IMAGE

肩甲骨周辺の痛みに効く!意外なヨガ。コブラのポーズ!