肩こりは日本人特有の悩み? 一体原因は?

 

人間の骨格はそもそも肩こりを生みやすい形になっています。

 

ですが、肩こりに悩んでいるのは、日本人が多いというのはご存知でしょうか?欧米人ではさほど肩こりの悩みは聞かれないのだとか。

その原因はいったいなんにあるのでしょうか?

 

まず、男性よりも女性の方が肩こりになりやすい

女性の方が肩こりには悩まされやすいようです。その理由は骨格と筋肉。

結論から言うと女性の方が骨格が細く、筋肉が少ないので頭の重さを支えきれずに、

肩の筋肉に負担がかかって肩こりになってしまうのです。

 

頭の重さがどのくらいあるかみなさんご存知でしょうか?頭の重さって、4~5kgあるんですよ!

この重さを細い首で支えているのですから、首を前に突き出した姿勢が、どれほど首に負担か、想像がつくでしょう。

 

また、欧米人に比べて日本人は骨格が全体的に華奢で、特に頭に対して肩の骨格が華奢であることが、肩こりの原因になっているようです。

 

欧米人よりも肩こりになりやすいのは、骨格だけが原因か?

さて、日本人特有の肩こりの原因は骨格だという話でしたが、原因はそれだけではありません。

生活習慣にも大きな、日本人特有の原因があります。

 

まず、日本人の姿勢の悪さです。

欧米では、2~3歳の頃から食事の時に姿勢を正して食べるよう、躾がされるそうです。脇を閉めて背筋を伸ばすよう、教えられます。また、学校でも姿勢についてうるさくしつけられるそうで、勉強する時の姿勢が悪い子があまり居ないそうなのです。

日本では、あまりうるさくいわれませんね。そういった違いが成人してからの姿勢の違い現れてきて、一方では肩こりを生んでしまうのです。

 

欧米で肩こりを現す言葉がない!?肩こりということばが日本人特有

欧米では、肩こりという言葉がなく、tight shoulder,という言葉があるようですが、日本のように病気という考え方はないようです。

またcold shoulder という言葉もあり、これは五十肩、四十肩を現す言葉のようです。

 

 

日本人特有といっても、まったく欧米人に肩こりがない訳じゃない!

いくら日本人の頭がおおきくて体が華奢、欧米人はその逆だから、といっても欧米の方がまったく肩こりにならない訳ではありません。

頚腱腕症候群、といった言葉は聞いたことがあるでしょうか?

 

アメリカのシリコンバレーで働く人々に多く見られた症状で、頚肩腕症候群というのがあります。パソコンに長い間向き合って作業していることで生まれた、首、肩、腕に掛けての原因不明の痛みや痺れの総称です。

そうです、パソコン作業を長時間していると、腕しか使わない状態が長く続き、血行が悪くなり、こういった症状が生まれるのです。

骨格のしっかりとした欧米の方でも、長時間同じ姿勢でパソコン作業をしていると肩こりにも似た症状になってしまうのです。

 

パソコン作業をする時は、適度に倚子から立って、ストレッチや軽い運動をするようにこころがける方がいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

肩こり解消の5か条!

NO IMAGE

肩こり解消に効く筋肉は僧帽筋!!ストレッチせよ!!

NO IMAGE

肩甲骨周辺の痛みに効く!意外なヨガ。コブラのポーズ!

NO IMAGE

肩こりと食事の関係。食事が乱れていると、肩も凝る?

NO IMAGE

自律神経失調症と肩こりの関係

NO IMAGE

治らない肩こりはこれが原因だった!ミルフィーユこり。