肩こりとサプリメント、または服薬。効くのか!?

肩こりと服薬

肩こりに効くサプリメントと聞いて、皆さんは何を思いますか?

薬を飲んで肩こりが治るなら、ぜひ飲みたい!

と思いますか?

 

しかし、肩こりに効くサプリメント、または薬には注意が必要です。

 

コンドロイチンとグルコサミン

肩こりというよりも、関節痛に効くということでおなじみのサプリメントです。

五十肩の方は飲んでみた、という方も多いのではないでしょうか。

しかし、その効果は芳しくなかったのでは。

 

患部に直接注射をするならまだしも飲んでしまえば小腸で分解されてから吸収されるので、そままの形で体内に入る訳ではありません。

ということはつまり、飲んでも意味がないということ。コンドロイチンとグルコサミンは、経口摂取では効果がないサプリメントである、ときちんと覚えておきましょう。

 

葛根湯。え?風邪薬じゃ

風邪薬といえば葛根湯。葛根湯といえば漢方薬です。

なんの間違い?とは思わずに聞いて下さい。

これは、急性の肩こりには効くのです。

効用にもきちんと書いてあります。

 

注意しなくてはならないのは、慢性の肩こりには効かないということ。

効果があるのは急に痛み出した場合のみだそうです。

葛根湯は首から上の炎症に効く薬なので、肩こりにも効くのだそうです。

急性の肩こりの場合は、サプリメントとして飲んでみるのも手かもしれませんね。

 

 

サプリメントの王道、ビタミン剤

サプリメントの王道、と勝手に命名しました。ビタミン剤です。

 

ビタミンには血行をよくする効果があるため、肩こりに効くのですね。

特に、ビタミンBが肩こりには効くらしく、中でもB1を摂取するのが効果的なようです。

ビタミンb1は、炭水化物などの糖質をエネルギーに代えて筋肉まで運ぶ役割をになっていますので、栄養補給のためにも必要なのです。きちんと摂取していれば予防効果もありそうですね。

 

また、血行障害を改善するためにはビタミンEのサプリメントが効果的なようです。肩こりの時は血管が収縮して血行が悪くなっています。ビタミンEはその毛細血管を拡張して血流を良くしてくれるので、筋肉に栄養がよく行き渡るようになり、また老廃物質もきちんと流されるという訳です。

 

飲むと肩こりに効くビタミン剤は、ビタミンEとビタミンB群と覚えておきましょう。

 

抗不安剤が処方される?!

肩こりに対して、抗不安剤が処方されることがあるそうです。

一般的によく処方されるようですが、人目を気にして服薬しなかったりする人が居るようなので、

処方された場合はきちんと用法容量お守って飲み続けましょう。

 

イチョウ葉サプリメント

イチョウ葉サプリメント、聞いたことありますか?

私は肩こりに関して調べていて初めて聞きました。痴呆予防などを目的に、ヨーロッパでは医薬品として使用されているそうです。肩こりにはどういった効果があるかというと、血流を改善し、末梢神経障害を改善する効果があるのだそうです。つまり、老廃物質によって傷つけられた抹消神経を直してくれるのです。

 

因に、痴呆にどのように効くかというと、こちらは脳の血流を良くして神経細胞の壊死や脳梗塞を予防することによって効果が現れるそうです。ドイツでは医薬品として扱われていて、記憶力の改善等にも効果が期待できるようです。

 

高麗人参

高麗人参、朝鮮人参は万能薬として有名ですね。サプリメント状になっているものもあれば、そのままのものもありますし、お茶になっているものもあります。

 

高麗人参茶は、冷やしてハチミツを入れる美味しいのだそうです。

私は飲んだことがありませんが、そのままだとちょっと飲み難いお味のもよう。

 

血行を良くする効果と副交感神経の働きを抑えるので、自律神経のバランスを整えてくれます。そのため、低血圧や冷え性にも効果があるそうです。

 

また、鎮静作用は胃もたれなどにも効くようで、万能薬のいわれが良くわかります。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

肩甲骨周辺の痛みに効く!意外なヨガ。コブラのポーズ!

NO IMAGE

歯が痛い!肩こりもつらい!えっ?関係があるの?

NO IMAGE

治らない肩こりはこれが原因だった!ミルフィーユこり。

NO IMAGE

肩こりと入浴。お風呂で肩をほぐすことの重要性

NO IMAGE

肩こりと食事の関係。食事が乱れていると、肩も凝る?

肩こりは日本人特有の悩み? 一体原因は?