肩こりと入浴。お風呂で肩をほぐすことの重要性

お風呂は建康に嬉しい効果がいっぱい

皆さんはお風呂に毎日入っていますか?シャワーだけで済ませていませんか?

肩こりには、お風呂で肩の筋肉をほぐしてあげることが実に効果的です。

肩こりの改善だけでなく、美肌や効果や、代謝のアップ、冷え性の改善、安眠効果、疲労回復などいいことがいっぱいです、お風呂で温まること、水圧での適度な圧迫、これらが血行を良くし体温を上げてくれるのです。

 

 

肩こりに効果的なお風呂の入り方

肩こりに効くお風呂の入り方は、首と肩を温めること、筋肉をほぐしてあげることが重要です。

 

お風呂の温度は40°~42°程度にし、あまり高すぎない温度にすることを心がけて下さい。

僧帽筋も肩こり解消に深く係わりのある筋肉ですから、温めてあげる必要があります。しかし、首まで僧帽筋は伸びています。そこで首も温めてあげる必要があります。その際、厚めのタオルを湯船に浸して、それを首に巻いてあげるとよいでしょう。首まで湯船につかると心臓への負担が強すぎるので、この方が安全です。肩は湯船につかるようにしましょう。

 

また、お風呂の中で簡単な肩こり解消エクササイズをします。

  • 肩の上げ下げ 10〜20回
  • 肩をまわす  10〜20回

これらの運動を、お風呂の中で行ないます。血行が良くなり肩こり解消効果がアップします。

また、首をほぐしてあげることも重要です。僧帽筋をほぐすために、ゆっくり首をまわしたり、手で揉んだりしてあげましょう。

 

この他にも、肩甲骨はがしのようなエクササイズや、僧帽筋をほぐすエクササイズをお風呂でやっても効果が倍増するはずです。

 

まとめると、

  • 温度は低めに40°ほど
  • 肩までお風呂に漬かって、首はタオルを巻いて温める。
  • 簡単な肩こり解消エクササイズをお風呂で行なう

という3点が重要になります。

 

 

しかし根本的な解決はエクササイズで行なうのがベスト

お風呂は、体を温めてくれ、血行を良くして凝りをほぐすのに効果的です。

急性の肩こりなら、お風呂で軽く揉んでいれば治ってしまうことも多いでしょう。

しかし、慢性の肩こりでは、お風呂でマッサージとエクササイズをするだけでは解決しないことが多いです。

そんな場合は、毎日のお風呂でのエクササイズに加えて何か別のアプローチも必要になってきます。

管理人がオススメするのは、上田式エクササイズです。

もしよろしければご参考までに。

 



 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

肩こり解消の5か条!

NO IMAGE

肩こり解消に効く筋肉は僧帽筋!!ストレッチせよ!!

NO IMAGE

肩こりを引き起こす意外な奴。それは、眼精疲労。

NO IMAGE

肩こりに効く?○○○の選び方

NO IMAGE

自律神経失調症と肩こりの関係

肩こりは日本人特有の悩み? 一体原因は?