肩こりの解消には、まずはメカニズムを知ろう!

あなたは私と同じように、

肩こりや五十肩に悩まされていますか?

 

つらーくて、あなたを悩ます肩こりから、

解消されるために、まずはそのメカニズムを理解しましょう!

 

まずは敵をしらねばなんとやらです。

 

なぜ痛みが発生するのか?

肩こり、痛いですよね。でもそれってなんでなのでしょうか。

 

肩こりには、筋肉と血管の緊張とその悪循環が関係しています。

 

 

①筋肉がこわばる

②緊張した筋肉が、筋繊維のなかの血管を圧迫して血流が悪くなる。

③酸素が行き渡らず、酸素不足で老廃物質が生まれる

④老廃物質が流されず、たまっていく

老廃物質が神経を刺激

⑥刺激が大脳に伝達されて痛みとして感じる

⑦痛みによってさらに筋肉が緊張して、またサイクル①に戻る  

 

どうでしょうか。

このように、肩こりは悪循環でどんどん解消が

むずかしくなってしまうものなのです。

 

サイクルのどこから解消すればいいの?

肩こりに関係が深いのは、

筋肉の緊張のせいでおこる血行障害です。

 

静脈は、動脈とちがってみずから脈を打たないので、

流れるためには周りの筋肉の力を借りるしかありません

 

筋肉のなかで血管を形作る平滑筋は

大変柔らかく組織が薄いので

筋肉のこわばりの影響を

もろに受けてしまいます。  

 

筋肉が収縮と弛緩を交互にキチンとおこなっていれば

静脈はそのポンプ機能を利用することができますが、

筋肉が緊張してるとそうはいきません。

 

筋肉疲労によって筋肉が緊張していると、

筋肉は収縮し続け、柔らかい静脈は血行障害になり

栄養素の供給が絶たれてしまうと同時に、

老廃物が流せなくなります。

 

  なので、まず大事なのは筋肉のこわばり、

緊張をほぐすことです。

 

具体的には、筋肉疲労をはやく解消すること、

冷えを防いで温めること、

ストレッチやマッサージを行なって筋肉の緊張をほぐすことが重要なのです。

 

それを行なわないと、

先にもかいた悪循環のせいで、

どんどん肩こりは悪くなるばかりです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

肩こりとサプリメント、または服薬。効くのか!?

NO IMAGE

肩甲骨周辺の痛みに効く!意外なヨガ。コブラのポーズ!

NO IMAGE

肩こりと入浴。お風呂で肩をほぐすことの重要性

NO IMAGE

肩こりと食事の関係。食事が乱れていると、肩も凝る?

NO IMAGE

歯が痛い!肩こりもつらい!えっ?関係があるの?

NO IMAGE

肩こり解消の5か条!