肩こりに効く?○○○の選び方

首から始まる肩こり

肩こりが首から始まるというのは有名な話だと思います。

肩の骨というのは、頸椎しかありません。

頭の重さは、4〜5kgといわれます。

その重さを支えているのは主に筋肉です。

これから寒くなるにつれ、筋肉はこわばっていきます。

 

 

僧帽筋や、三角筋,肩甲腱筋,棘上筋、棘下筋、

といった筋肉が肩こりと首に関係しています。

 

また、日頃読書やスマートフォンをいじることで

下を向いていることが多いと、首の筋肉に大きな負担がかかります。

 

 

 

そうやって、ただでさえ重い頭を支えている首の筋肉を酷使することで

肩こりはひどくなります。

 

しかし、そんな首の筋肉が唯一休める時間が睡眠時間です。

 

 首の休み時間に大切なのは、まくら

首の休み時間である睡眠時に、頭を預けるまくら。

これが首に合っていないと、大変です。

 

 

却って首の筋肉に負担をかけてしまい、首が休むことができないからです。

それが首の筋を痛めたり、肩こり、首こりに繋がっていくので、

きちんと首が休める枕を使うことが重要です。

 

 

 どういうまくらがいいの?

首にいいまくらは寝返りを打つのが簡単です。

皆さんのまくらはどうですか?

 

 

寝てみて、寝返りを打つ時に

肩と腰が同時に動くでしょうか?

そうではなく、肩が先に、

腰が後に追いかけるように寝返りを打っているなら、

首の筋肉に負担がかかっています。

 

首にいい枕は、

寝た時に首の骨がまっすぐになり、それが寝返りをうっても変わりません。

ひねったりする動作が必要ないので、寝返りを打つ時もスムーズになるのです。

 

また、寝ておき置きた時にまくらの位置、

頭の位置が変わっているようならそれも危険信号です。

 

そういう場合は、バスタオルなどで頭の高さに合うように

まくらの高さを調節するのがベストになります。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

肩甲骨周辺の痛みに効く!意外なヨガ。コブラのポーズ!

NO IMAGE

肩こりと入浴。お風呂で肩をほぐすことの重要性

NO IMAGE

自律神経失調症と肩こりの関係

NO IMAGE

血行を良くして肩こり改善!血行を良くするこつとは?

NO IMAGE

肩こりとサプリメント、または服薬。効くのか!?

NO IMAGE

歯が痛い!肩こりもつらい!えっ?関係があるの?